【早起きは三文の得…は本当か】ダメな自営業者の生活リズム改善によるメリットと直近の弊害5つ

公開日: : 最終更新日:2016/09/02 ヘルスケア, 雑記

neru

自営業を始めてからナンダカンダ結構経ちました。起業して三年以内に7割の会社が倒産するなんて言われてるので…個人事業主レベルではありますが、三年以上生きてるようなのでマシなほうか。

…といいつつ
相変わらずクソみたいな生活リズム。

  • 朝三時に目が覚めるおじーちゃんモード
  • 夕方八時に目が覚める夜勤モード

などなど。

そんな生活にケジメ?をつけるべく、最近は知人と一緒に午前中から仕事をするようにしています。でもって「思い出したこと・感じたこと」をあれこれ書いてみる。

SPONSORED LINK

生活リズム改善によるメリットと直近の弊害5つ

1.二度寝が酷い

neru (2)

久しぶりに目覚ましを使用。
二度寝が気持ちいいですね。

ここ数年は…

  • すごく眠くなるまで寝ない
  • 目が覚めた時が起床時間

とかいう酷い生活を送っていたので…
決まった時間に起きるのが意外と大変。

眠くないのに無理やりに布団に入る感覚がまだ気持ち悪い。日中に動くことが少ないので恐らく体が疲れてないのが原因っぽい。

少し運動しようかしら。
このままだと早死にしそう。

2.遅寝の癖は中々抜けない

neru (3)

早起きするならその分、
早く寝ればいいのだが…

日が沈んでから頭が仕事モードになるせいでどうしても遅寝になりがち。上にも少し書きましたが、眠くないのに寝るのがすごくもったいない気になる。

3.お昼におなかが減る

neru (4)

  • 起きるのが早ければ朝うどん食べて…
  • 起きるのが遅ければコンビニ飯…

って生活だったのが、、、

お昼12時ごろにおなかが減るように。
昼間の飲食店は混雑してて苦手んご。

4.お昼寝したくなる

neru (5)

お昼御飯を食べると異様に眠くなります。

短かったけどプログラマーしてた時は「出社:AM10:00・定時:PM7:00・残業∞」って感じでしたが、どうやって毎日8時間以上も集中してたんだろうか。

お昼寝しないと
頭が熱暴走しそう。

5.他人と時間が合う

neru (6)

今まで何時に起きてるか不明だった生活が
ちゃんと朝に起きて夜に寝てるせいか
日中に友人と予定が会うことが多くなった。

これは良いこと。

早起きって得なのかな。
うーん。まだ実感がありません。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

【田舎暮らし実際の所:それは本当にメリット?】仕事は作らないとキツイ!田舎住みブロガーの愚痴

とあるASPさんに「田舎への移転に関する広告を扱ってくれませんか?」と依頼を受ける。…が、い

記事を読む

【ワンクリック詐欺と架空請求の正しい対処法】IPばれた?連絡したけど大丈夫?の疑問

趣味でヤフー知恵袋に答えたりしてるんですが、恋愛相談の次くらいに多い質問として「ワンクリック

記事を読む

老人のボケ防止に役立ちそうな趣味・祖母が数独にハマって病気が改善した時の話

さてさて、、世間様は連休真っ只中。 単身赴任中の親父も帰ってきて、両親+僕の3人で母方祖母

記事を読む

【虫耐性がないと「田舎移住」は失敗する】わいの家に大量発生した蟲々エピソード

まだ東京で消耗してるの? …に釣られたのかしらね。 モテ貯金なるブログの管理人が四国

記事を読む

成人式2015は花魁が大量出現!これってどうなんでしょうか…

年々華美になる一方の成人式。 今年の成人式のトレンドは『花魁スタイル』だとかで 各地にこ

記事を読む

人気の人をダメにするソファを買う前に知っておかないと後悔すること

座る人の姿勢に合わせて自由に形が変わってくれる 通称『人をダメにするソファ』が 相変わら

記事を読む

実体験、心霊現象金縛り!

ゴメン起こしちゃった?(。・ ω<)ゞてへぺろ♡と、まぁこんな感じに女の子が可愛く起こしてくれ

記事を読む

スタバ鳥取のオープンに対抗したすなば珈琲の自虐チラシが泣ける?

国内に1000店舗もありながら唯一スタバ空白県だった 鳥取県についにスターバックスが5月2

記事を読む

【実測:遅すぎると評判のプロバイダTOPPAの光回線速度検証】契約・解約の判断材料にどうぞ

遂に田舎な我が家にも光回線が到来。電話勧誘がスゲーかかってくるのな。 あまりにウザいの

記事を読む

【秘境・来栖渓谷】大窪寺へ繋がる遍路道の清涼感がハンパナイ!(動画+画像アリ)

この日は月曜日…いつも行くうどん屋(滝音)が定休日の為、二番目によく行くさぬき市長尾町の「笠

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑