整形してたため賠償金12万ドル!美容整形で人生は切り拓けるか

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 ニュース, 面白ネタ

お顔の造りのコンプレックスを整形で解消したい!
そう思う人は多いですし、実際大枚つぎ込んで
以前と顔とさよならする人もたくさんいますよね。

お隣韓国はいまやすっかり整形大国で
女優さんなど誰もかれも同じ顔に見えてくるカンジですが
キレイになって手に入れたはずの幸せがキレイになったことで
賠償金を支払う羽目になってしまった中国女性のニュースが話題になりました。

seikei1

中国人男性のJian Feng氏は美男美女の夫婦でしたが
生まれた娘が非常に不細工だったため
妻が浮気をしたのではないかと訴えを起こしました。

DNA鑑定の結果、娘は夫婦の子供であると結果が出たのですが
妻が結婚前に10万ドル相当の整形手術を受けていたことが発覚します。

驚くべきはこの裁判、ダンナさんのJian Feng氏が勝利し、
妻には夫に12万ドルの賠償金を支払うよう命じられたのだそうです。

Jian Feng氏「うまれた娘は恐怖を覚えるほど醜かった」とのことですが
でも、実の子なんだけど…。
産まれた子の顔が不細工だからって裁判起こされちゃたまったもんじゃありません。

私は思うのですが、娘が非常に不細工って言っても他の兄弟も娘と同じ顔だよ?
娘の顔が不細工だからって裁判起こす前に、上の子が生まれたときに
どっちにも似てないとなぜ思わなかったんでしょう。

多分、この子供達は整形前の妻にそっくりなんでしょうね。
一体整形前がどんなお顔だったのか そっちに興味がわきます。

この顔じゃお嫁の貰い手がないわ!と総とっかえの大工事敢行して
めでたく彼氏をゲットしてゴールインしたとしても、
子供が前の顔に似てたらどうするんだろうという
美容整形と背中合わせの問題がこういう形で現実に起きてるんですね。

この妻が結婚前の整形を夫に内緒にしていたところを見ると
中国も美容整形に対してあまり寛容ではないらしいことが分かります。

未婚の女性の整形は結婚して子供を産むときに別の問題を引き起こしますが
韓国みたいに整形に寛容な国では女性だけでなく
男性も積極的に美容整形を行うようです。

seikei3

この千原せいじ似の男性が美容整形を行って…

seikei2

う~っ!
正直に感想を言います。
これは人間の顔ではありません。韓国ドールの顔です(涙)
この人は何を目指してお人形の顔になったんでしょう。
韓国ではこれがモテ顔なんでしょうか?

かつて、携帯電話の普及がレジャー産業の衰退を招いたという論文が発表されました。
それまでレジャーに費やしていたお金から携帯代を差し引くため
レジャーに費やすお金が少なくなったという趣旨のことが書かれていたのですが
妙に説得力あるなぁと思ったものです。

整形すると、それでずっとOKではなくメンテナンスが必要といわれます。
特に、あごや鼻などへの入れました系の整形だと、施術後数年でだんだんずれてきて、
形を整えるためにまた入れなおしになるのだとか。

こういう総とっかえの整形だと後のちのメンテナンス代も
けっこうな金額になるんじゃないかと余計なことを考えます。

整形して美人になったけど子供が不細工で12万ドルの賠償金を支払う人。
これは極端な例だけど、手に入れたきれいな顔を維持するために
高額なメンテナンス代を一生懸命捻出せざるを得ない人生。

きれいな顔を人工的に手に入れるのって
本当に幸せなのか考え込んでしまいます。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

NASAが宇宙飛行士の募集を開始!応募条件は年齢性別不問ですってよ

子供の頃、大きくなったら宇宙飛行士になる!なんてなことを言っていた方に朗報です。NASAが新

記事を読む

【超速】ホンダの芝刈り機「HF2620改」が世界最速187.60km/hでギネス登録へ【動画あり】

日本が世界に誇る自動車メーカーHONDA HONDAの欧州法人であるホンダモーターヨー

記事を読む

【第3回電聖戦・趙治勲vsコンピュータ囲碁解説】DolBaram戦とCrazyStone戦の結末は如何に!?

コンピュータ囲碁とプロ棋士との対局。 第3回電聖戦が3月17日に開催されました。 コ

記事を読む

【幽霊憑依で臨時休校】英彦山の悪霊?集団パニック?福岡・柳川高校で女子高生がバタバタ倒れる事件発生!

嘘か本当か…ちょっと寒気のするニュースが飛び込んできた。 福岡県の柳川高校にて女子高生20

記事を読む

【悲報】PS3版からのPS4 CoD:GHOSTSアップグレード【ADSLの悲劇】

序章 地方格差 過疎地に住んでいると、一定数の需要が見込めない場合「光回線」の開通はいつになる

記事を読む

【プリパラ人気の落とし穴】オークションにもカードが続々…プリパラおじさんも増殖中!?

最近の世間のトレンドと言えば… 綺麗な世界では:アナと雪の女王 ブラウザゲーム界

記事を読む

【でんぱ組】現代に生きるサムライの動きすごすぎる件www【カップヌードル】

Japan is a country of SAMURAI. 日本はサムライの国です。

記事を読む

ヤマハの新ボカロは『妹:杏音(アノン)』と『姉:鳥音(カノン)』の双子女子高生姉妹!-DEMOボイス聞いてみた!

音楽業界に革命をもたらしたヤマハの人気シリーズ-VOCALOIDにて、 鏡音リン・レンに続

記事を読む

gokon

合コンで女子の注目を浴びる簡単で一味違う手相術その1

合コンに参加したものの、何話せばいいか分からなくて あんまり盛り上がらなかった…。

記事を読む

【STAP細胞・笹井氏(会見の人)が責任を苦に自殺】遺書内容は小保方を激励する内容!?マスコミがまた人を殺す

世間を騒がせているSTAP細胞。 STAP細胞論文の共著者・理研の副センター長である「

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑