【小豆島・日帰り観光オススメ6選】フェリーでGO!ビッグダディのいたオリーブの島でスクーターツーリング!

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 旅・観光, 香川

小豆島

親友かつ最近はブロガー友だちでもあるsima君と一緒に、
地元香川の離島・小豆島へスクーターツーリング観光へ!
※海の日の連休で行ってきたよ!

かれこれ香川には計21年程住んでいますが小豆島はこれで2回目。
1度目は自分が小学生・低学年の頃に母親の職場旅行の付き添いで。
※オリビアンっていうホテルだった記憶がある

そういやビッグダディも小豆島住んでたよね~と思いながら
そんなこんなで約20年ぶりに小豆島へ行ってきたわけですが
ツーリングで日帰り旅行するにはちょうど良すぎるくらいの広さ。

腕がコンガリ焼けあがりましたが非常に楽しい観光になりました。
ということで…これから小豆島へ行く人に向けてレビューをポイ!

ちなみにこちらが親友ブロガーsima君の小豆島レビュー記事
関連:mysimasima-小豆島の絶景スポット“寒霞渓”の流しそうめんが絶品!

SPONSORED LINK

小豆島について

syoudoshima (28)

まず観光に行く前の簡単な基礎知識!
知っておくと観光が楽しくなるかも!

気候

syoudoshima (326)

水不足で有名な香川県ですが、小豆島も同様に雨が少ないですね。その上、小豆島は「地中海性気候」に似ているということで国内でも屈指の「オリーブ」の生産地。温暖で雨が少ないのが特徴になります。

僕がツーリングに出かけた日も実は天気予報は「小雨」が降るよ~という予報だったのですが、香川じゃよくある事なんですが「小雨レベル」だと降らないことが多く、観光日は雨が振らずにラッキーでした(^p^)/

悪天候に強いという意味では観光地としてもオススメですね!

有名な食べ物

syoudoshima (167)

香川県と言えば「うどん県」ということで「うどん」が有名ですよね。小豆島でも美味しいうどんを食べることができるのですが…小豆島の場合は乾麵の中でも特に「素麺(そうめん)」が有名な土地。

素麺ブランドで有名な「島の光」がありますが…
こちらは小豆島で生産されている手延素麺です。
※生素麺なんかもありますから麺類好きな人は探して見て!

syoudoshima (312)

またオリーブが名産品。
香川県民なら小学生のときから社会の授業で叩きこまれます。

オリーブを使ったアイスやお土産が沢山ありますね。
あとで紹介しますがお土産スポット「オリーブ公園」では、
オリーブを使ったお菓子がたっぷりと試食できちゃいます。

syoudoshima (301)

その他、醤油造りが実は盛んな土地でして。
有名な醤油メーカー「マルキン」も小豆島にあります。

その為、醤油アイスを始め、醤油サイダーといった変わったものがずらり。
お土産に醤油を買うのもいいですし、醤油を使った珍品を食すのもアリ。

フェリーによる小豆島へのアクセス・料金

syoudoshima (29)

小豆島は香川県に属しますが、アクセス方法としてはフェリーが一般的。
香川以外にも、岡山や神戸からもフェリーが出ているようですね。

syoudoshima (4)

僕らは午前8時2分発の便に乗る為に7時50分程にチケット売り場に行きましたが、
連休ということもあって、かなりの人でにぎわっており、乗船ギリギリでした。

友人曰く、ゴールデンウィークなどは更に人が多いそうです。
ネット予約を利用しない場合は少し余裕を持ってチケット売り場に行きましょう。

syoudoshima (37)syoudoshima (19)

船内ではうどんを食べることも可能です。
四国フェリーグループオリジナルのチョロQも売られていたり。
その他にもレトロなゲームが設置されてたりしましたね。

syoudoshima (27)

高松から乗船した場合は約1時間程で小豆島に到着します。
散策しているとあっという間ですね。甲板に出る事も可能。

料金

syoudoshima (5)

詳しい料金はこちらを参考にしてください。
四国フェリーグループ・運賃表(詳細)

僕らは「大人+原付」の料金です。
往復で3000円しないくらいの料金でした。

僕ら以外にもバイク・スクーターで乗船している人が多くいたようで、小豆島を散策中は、僕ら以外のツーリング観光客も沢山見かけましたね。他にも、自転車(マウンテンバイク)で山を登ってる人なんかもいて「すげー・・・」って感じでしたね。

小豆島・日帰り観光オススメ6選

前置きはこれくらいにして…
僕らが回ってきた小豆島のオススメ観光スポットを6つ紹介!

世界一狭い・土渕海峡

syoudoshima (51)

僕らが到着したのは小豆島の港の一つ「土庄港」になります。
そのすぐそばには土渕海峡という世界一狭い海峡がありますね。
※世界一広い海峡はドレーク海峡

実は右と左でそれぞれ違う島なんだそうな。
小豆島と前島という二つの島が橋でくっついた状態。

syoudoshima (53)

海峡の間を眺めてみるとフワフワと白い物体が無数に存在。
よーく見てみると…大量のクラゲでした(笑)

syoudoshima (54)

クラゲといえばお盆を過ぎたころに発生するイメージでしたが…
ある意味、珍百景といったところでしょうかね。

syoudoshima (67)

この土渕海峡のすぐ隣に「迷路のまち」という観光スポットがあります。
時間に余裕のある人は入って見ると面白いかもしれませんね。
※名前の通りで迷路のような通りになっています

巨大・小豆島大観音

syoudoshima (70)

銚子渓に行く道中…本当は行く予定が無かったのですが
あまりにデカイ観音様が経っていたので思わず立ち寄りました。

調べてみると「小豆島大観音」というらしい。
スリランカ仏教をベースにしたものらしく、別名は「しあわせ観音」。

正式は大きさは非公開らしいですが50~60mとの噂。
僕がみた観音像の中では間違いなく最大でしたね。

syoudoshima (78)

真下から眺めてもこの通り…
ちなみに観音様の中はエレベーターが通っており展望台になっています。
高いところが得意な人は立ち寄って見ると面白いかも!?

銚子渓・おさるの国

syoudoshima (107)

銚子渓(ちょうしけい)という名の小豆島でも少し山を登ったところ。
ですので、車かバイク、観光バスなんかを利用してアクセスするのがいいかも。

そこに野生のおさるを飼育している「おさるの国」という観光スポットがあります。
入場料は380円だったかな。面白さ的には十分に元がとれたかなって思います。

syoudoshima (111)

野生のサルとは言え、一応、人間慣れしているので純粋に野生なサルよりは安全。
とはいえ、餌などを手に持っていると襲ってくる可能性もあるので注意が必要。

syoudoshima (113)

足元を普通にサルが歩いてる感じですね。ゼロ距離ってやつだぜ。
サル同士が餌の取り合いで暴れているところをタックルされました。

syoudoshima (129)

100円か200円か忘れましたが…餌やり体験も可能。
僕が行った時は餌やりにて珍事件が発生してましたね。

女の子がサルに餌をやっていたところ、恐怖のあまり餌を足元に落下。
サルが一気に餌に群れていき、女の子が号泣・絶叫ですごいことに。。w

管理人さんがゴムでできた「蛇」のおもちゃを取りだし、
サルに投げるとサル軍団が一斉におびえて逃げて行きましたね。
※動画取れてたら10万再生はかたかったな…

syoudoshima (132)

ちなみに近くで見るサルの毛は意外と綺麗。
フサフサの柴犬っぽい毛をしていましたね。

紅葉・ロープウェイが有名な寒霞渓渓谷

syoudoshima (173)

日本三大渓谷美の一つでもある「寒霞渓(かんかけい)」
小豆島に行った際は是非とも行って欲しい観光スポットです。

syoudoshima (160)

写真だと美しさがどこまで伝わるか不明ですが…
清涼感がたっぷりですげー綺麗でした!!!

ロープウェイを利用することで渓谷の絶景を楽しむことも可能。
紅葉のシーズンは一面が真っ赤に染まり、ヤバ綺麗らしいです。

僕が行った日も観光客がめっちゃ多くて駐車場案内のお兄さんが忙しそうでしたね。
山のてっぺんらへんにあるので運転がキツイ人はロープウェイでアクセスするのがGOOD。
※大人で往復1380円(子どもは半額)

僕が行った日はちょうど流しそうめんをやってました。
ということで人生発の流しそうめんにチャレンジ(笑)

syoudoshima (164)

やっぱ香川の麺つゆは自画自賛ですが美味いね。
イリコの出汁がかなり効いてて美味しかった~。

syoudoshima (167)

そうめんは10分間流し続けられてて食べ放題状態。
ちなみに5分経過したくらいで腹八分目くらいになりました。

10分経過した時は食べすぎで苦しくなる程でしたね。
おそらく夏限定の企画だと思いますから夏に訪問した際はチャレンジ推奨。

あまりに食い過ぎて男二人でダウン。
満腹感がおさまるまで少しフラフラ。

んで…少し胃があいたのでデザートを。

syoudoshima (174)

こちらは「完熟オリーブソフト(300円)」ですね。
味は甘すぎないバニラをベースにしたサクラ味って感じですね。

コーンの根元までアイスがたっぷり詰まってましたね。
小豆島で食べたデザートの中ではこれが圧倒的に美味しかった!

syoudoshima (172)

ちなみに寒霞渓は景色が美しいだけでなくトイレも綺麗。
「一億円トイレ」と呼ばれるかなりゴージャスなトイレがあります。

入口は自動ドアで中も清潔感たっぷりでした。
訪問した際は取りあえず利用してみてください(笑)

二十四の瞳映画村

syoudoshima (239)

山を下ってたどり着いたのが二十四の瞳映画村。
目印は醤油樽を解体した巨大なベンチですかね。

syoudoshima (186)

ノスタルジーな感じがたまらない集合観光施設って感じのところ。
入場料は700円ですが…いま調べたらクーポンがありましたね。

公式サイトにてクーポンなどもあるみたいなので…
行くことが決定している場合は印刷して利用するといいかも。
※ページ中頃のお役立ち情報ってところにクーポン有
二十四の瞳映画村-公式サイト

syoudoshima (197)

入ってすぐの生簀ではタイなどの瀬戸内の魚が沢山泳いでます。
また面白いのが沢山のレトロな看板がある点ですね。
※別記事にて看板特集の記事を書く予定

syoudoshima (208)

例えば昔懐かしのカルピスの看板など。
こんな看板が施設の随所に存在します。

syoudoshima (241)

また、映画の撮影にも利用されている海沿いの小学校。
中に入るとこれまた面白い風景を見ることができますね。

syoudoshima (264)

小学校校舎から眺める砂浜の風景…
潮の香りと海風がなかなかココチヨイ。

変なドリンク

syoudoshima (296)

で…映画村のお土産屋さんにて変なドリンクを発見。

syoudoshima (294)syoudoshima (295)

  • オリーブコーラ
  • 醤油サイダー
  • オリーブサイダー

取りあえず一番ヤバそうな醤油サイダーを購入。

syoudoshima (301)

サイダーの中に小豆島で作られた醤油がブレンドされた逸品。
価格は強気の200円という設定だ。

syoudoshima (302)

注意書きはこの通り…
醤油サイダーをまねて、しょうゆ(本物)を
サイダーのように飲むのは絶対におやめ下さい。

頼まれても無理なわけだが…ちなみに気になるお味はお察しを。
飲んだ後、鼻から醤油の香りが抜けていく感じです(笑)

小豆島

あと前○敦子に似た置き物がありました(白目)

観光の〆に・オリーブ園とオリーブ公園

syoudoshima (317)

小豆島観光の〆にはオリーブ園とオリーブ公園がオススメ。
名前が似ている上に、場所もめっちゃ近くにあります。

特にオリーブ園のお土産屋さんは試食がたっぷり…。
一部を掲載してみるとこんな感じ。これ以外にもマダマダあった。

syoudoshima (310) syoudoshima (311) syoudoshima (312) syoudoshima (313) syoudoshima (314) syoudoshima (315)

楽しみながらお土産を選べるので嬉しいっすね。
お昼なんかはレストランもあるのでそちらの利用もありかも。

syoudoshima (322)

また…オリーブ園を登ってすぐの所にオリーブ公園(道の駅)があります。

「ミロのヴィーナス」像が発見された姉妹都市・ミロス島にちなんだモニュメントが飾られており、映画館もどうやらあるみたいでしたね。ここでも「オリーブソフトクリーム」が売られていたので食べてみたよ。

寒霞渓で食べたオリーブソフトがサクラ味だったのに対し、
こちらは葉っぱ要素を高めた抹茶風味って感じのアイスでした。
※個人的には寒霞渓の完熟オリーブソフトのほうが美味しかった

小豆島観光まとめ

syoudoshima (350)

ってな感じで小豆島観光してきました。
僕らの場合は日帰り観光だったんですけどね。

朝から小豆島に上陸し、スクーターを使ってツーリングするには、
ちょうど良すぎるだろ…ってくらいちょうどいいボリュームでした。

ただ…美味しそうな食べ物をちらほら食べのがしたり…。
今回紹介出来ませんでしたが小豆島で有名なのがコレ。

  • 醤油アイス
  • エンジェルロード

angel

画像引用:エンジェルロード(wiki)

砂州ってやつですね。
とても綺麗で天使の散歩道として知られています。
※カップルで観光に行く場合は是非とも行ってみたいポイント

距離感的にはスクーターやバイクでツーリングするにはちょうどいい広さ。
ただ、一日で小豆島中の観光スポット全てを回りきるのはキツイかも。

濃い目の観光を楽しみたいよ~って人は、
瀬戸内海の魚を楽しめるホテル・旅館を利用して、
一泊二日で小豆島観光してみるのもオススメよん!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

udon (11)

【うどん屋巡り前に読みたい記事】人気店の5つの特徴!U-1グランプリに香川県民が物申す

どうも。今日のお昼もうどんの香川県民です。 最近どうも…うどん日本一を決める大会「U-

記事を読む

おいりソフト (2)

【金刀比羅宮/こんぴらさんで食べたいグルメ土産3選】うどん・スイーツ・B級グルメでお祭り気分!

一年の始まりは願掛けにあり!?…ってことで 今年もオヤジと一緒にこんぴらさんに行ってきた。

記事を読む

塩江

【香川県!秋の六大「紅葉」スポット2015】ドライブやツーリング!周辺の美味しいお店!

秋と言えば… 紅葉 食欲 今回は私の地元である香川県の五大紅葉スポットおよ

記事を読む

kounotaki (35)

【香川県・バーベキューと川遊びができるポイント】三木町「虹の滝(こうのたき)キャンプ場」を視察してきた

先日、海の日の連休を利用して友人と小豆島へ行ってきました。 関連:【小豆島・日帰り観光オス

記事を読む

kagawa-aruaru

【何か変だよ香川県の県民性「うどん県あるある10選」】観光前に予習しときまい

香川県の本屋さんといえば宮脇書店。 ふら~っと立ち寄ったところ「香川あるある」という本

記事を読む

okayama (14)

【青春18切符・お酒とグルメ旅】香川~大阪~静岡(三島・熱海)旅行!(うどんに始まり温泉で締め)

さぁて~…昨年の夏に続いて2015年の冬も18切符でプチ旅行行ってきました。 今回は「

記事を読む

hirugao (1)

【東京駅周辺グルメ食べ歩きの旅】田舎者の一人旅でも大満足!?店の数にちょっと嫉妬

10月24~25日にかけて 東京へ旅行に行ってました。 ただただ… 飲んで食べての

記事を読む

union-kogata-conro (29)

【少人数の河原バーベキューに便利!小型BBQコンロ】軽自動車にも余裕で積めて掃除も楽ちん!

夏といえば川遊び! ということで男4人。 徳島県の美馬市まで行ってきたよ。 そ

記事を読む

anmitsu-mihashi (6)

【東京駅で休憩!甘~いスイーツカフェ】「みはし」のクリームあんみつが超ウマおすすめ!

ちょいと用事で東京駅近郊に宿泊することになり、2日間を使って東京駅周辺グルメ観光をしてきまし

記事を読む

こんぴらさん-お守り

こんぴらさんに行ってきた!-おすすめの香川県観光スポット!

僕の地元は香川県! うどん県として他県では知られており、 うどん屋巡りなどが観光とし

記事を読む

GAME RANKING
HOBBY

コメントを残す

PAGE TOP ↑