kindle個人出版で素人作家の僕が1年で27,120円稼いだ方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 kindle, WEBサービス

pen

ちょうど2012年の終わり(10月頃?)くらいに、
Amazonの電子書籍サービス『kindle』が日本に到来!

ということで、ブロガーを始め、ネットで活動する人たちの間で話題に!
そんなkindleビジネスに筆者も実は参加してみた。

んでもって…純粋に本からの利益としては
27,120円稼ぐことができたので…そのことについて話して見るよ。

多いと見るか…少ないと見るか…
ぜひ読んで検討してください d(^ω^)b

SPONSORED LINK

僕が出版で得た1年間の利益

kindle03

まず最初に個人で出版した場合の生データをお見せします。
たぶん素人の生データを掲載してるのはレアじゃない…かしら。

本の内容については今回は割愛させていただきますね。
ジャンルだけ紹介しておくとビジネス系です。
(*リンクだけ掲載してあるので、興味があればどうぞ。)

販売したkindle本

■本A:働いたら負け|僕がニートになった理由
僕が初めて本を出版し、Amazonストアに掲載されたのが2013年1月29日。
こちらは1冊100円、印税率35%設定です。

■本B:ネットビジネスkindle白書
調子にのって、二冊目の本を出版したのが2013年3月27日。
こちらは1冊500円、印税率70%設定です。

以下では…100円の本を『本A』・500円の本を『本B』と呼ばせてもらいますね。

本の売れ行き

さて、こんな二冊の本を販売したわけですが、
本Bに関してはまだ1年経過してませんが累計販売冊数はコチラ。

  • 本A:203冊 (2013/1~2014/1)
  • 本B:56冊(2013/4~2014/1)

合計してよいものか分かりませんが、
無理やり合計すると259冊の本を売ることができました。

販売冊数の推移

月別の売れ行きをグラフ化すると次のようになりました。
(グラフはクリックすると拡大表示されます。)

kindle01

利益の推移

利益をグラフにすると次のようになりました。
(グラフはクリックすると拡大表示されます。)

kindle02

グラフから分かること

僕がkindleで本を販売する前に事前に聞いていた情報になりますが、kindelっていうのはまず最初に海外Amazonからスタートしたサービスです。

欧米で販売した場合、本の価格が2$。日本円にして約200円ですが、この価格を超えると本の売り上げ冊数が10~20%まで低下するというのを小耳にはさんでいましたが、それに近いデータが得られたことになります。

今回の場合は、100円の本が一冊売れた場合の利益が35円なのに対し、500円の本が一冊売れた場合の利益は350円です。その差は実に10倍ですね。

もし500円の本の販売冊数が100円の本の販売冊数の10%を下回らないものだとすれば、2冊目以降は500円程のワンコイン価格で販売し、利益を狙う方がいいのかなぁ…なんて思うわけです。作家として利益をあげたいならね。

後で僕が行った販売手法なんかについて話しますが、最初の一冊目っていのは特に個人の場合は全く認知されずに1冊も売れないことも十分に起こりえることです。なので、全く作家として認知されていない状態で強気の500円価格でいきなり出版すると、大失敗に終わる可能性もあるのでご注意を。

利益詳細

利益の細かい話をすると…
印税率35%設定の場合は、通信費などは無料です。
利益率70%の場合は、若干の通信費がかかります。

ここに更にKOLLからの利益が追加されます。
KOLLというのはkindleオーナーライブラリーの略ですね。⇒KOLLとは

100円で印税率35%の本が売れた場合…35円
500円で印税率70%の本が売れた場合…350円

ということで僕の利益詳細は以下のようになりました。

  • 本A:利益35円 × 203冊 = 7,105円
  • 本B:利益350円×56冊=19,600円
  • KOLL利益:442円
  • 通信費:-27円

合計:27,120円

僕の場合、簡単な販売システムをネット上に構築する戦略をとったこともあってか、販売から半年以上経過しても未だに何冊か売れているので、プチ不労所得でしょうかね。ご飯を食べるレベルには到底及びませんけどね・・・(笑)

個人出版の本を売るには?

kindle04

一応、僕以外にも全くの個人で出版した人を何人か見ましたが、宣伝等を一切しなかった場合というの『5冊程売れればラッキー!』ってレベルでした。

参入は超簡単です。kindle用電子書籍として出版するだけであれば、文章さえあれば数時間で出版できるんですが、出版の容易さに対する利益を出すことのむずかしさ・・・。

さてさて、ではどうすれば本って売れるのか一緒に考えてみましょう。

HP上で宣伝する

僕がやったことの一つに、自分のHPを使った宣伝を行いました。
ちなみにこのサイトではありません。このサイトはこっそり運営してます。

個人的なビジネス用のサイトを保有しており、
規模的には月間約3,000~5,000PV程のサイトになります。

一応、本のターゲット層と本の中身がマッチしていることもあり、
HP経由で毎月一定数の本が今でも売れていると推測することができます。

例えばもし皆さんが趣味にまつわる本を作成したいとします。
でしたら、まずは本を書く前にHPを作って見るといいです。

HPというのはそれ単体でもマネタイズすることが可能です。
HPでも稼ぎつつ、kindle本も作成していくのが気持ち的には楽ですね。

まずは世間に認知させる必要があります。

一日当たり100PV程度のHPであれば、頑張れば1ヶ月程で構築可能です。
本を作成する前に、HPという形でブランディング媒体を作成するとGOOD。

個人的には…
出版とHP作成は一緒にやるべき事柄』だと考えています。

ソーシャル系宣伝媒体を持つ

もうひとつ、僕がやったことになりますが、
Facebookやツイッターといったソーシャル媒体がありますよね。

そういったソーシャルサービスをツールとして活用し、
そこを経由して宣伝を行う…というのも一つマーケティング手法と言えます。

ちなみに僕が活用した宣伝媒体はYouTubeですね。
まだチャンネル登録者数が数百人程度のチャンネルでしたが、
そこで本の宣伝を行ったりもしました。

上記グラフの2013年4月のデータを見てもらうと分かりますが、
その時だけ売り上げがグググっと伸びているのが見て取れると思います。

個人出版まとめ

kindle05

僕の場合、別にプロの作家になりたいわけではないですから、
今後継続してkindle本を販売していく予定というのはまだないですが…

もしみなさんが物書きという形での作家として本の印税で飯を食っていくことを願うなら、まずやるべきは情報伝達媒体を確保することですね。HPが一番すぐれているでしょう。ブログでもいいかもしれませんね。

お金に余裕のある人は有料宣伝サービスを利用するのでもいいかも。

もちろん、本には宝くじ的な要素もあります。運が良ければ、超人気ブロガーの目に留まり、HPで宣伝してくれるだけでいきなり口コミで話題になり、人気作家への道が開けるかもしれませんね。

ですが、運頼みの人生なんてイヤだー!
是非、自力で市場開拓にチャレンジしてみてください (^ω^)b

出版方法

ということで最後にkindleでの出版方法について。

一番簡単な出版方法はWORDもしくはGoogleDriveにて
docxファイルの文書を作成することですね。

僕が過去に作ったkindleの出版方法についてまとめたサイト。
kindleの出版方法詳細について

こちらのサイトにも出版方法を全部書いてますから、
もしよろしければ参考にしてチャレンジしてみてね!


世の中には本が腐るほど存在します。
本当はすごく面白いのに読まれることなく埋もれている本もあるでしょう。

本も物販の世界と同じ。

高品質で優れた商品というのは沢山存在します。
ですが質は良いのに売れない。

売れてる商品との差は何か?

それって商品の認知度であったり、
口コミであったりといった宣伝力に他なりません。

良い本であれば売れるほど甘くないけど、
自力で市場を開拓することは十分に可能!
です。

僕の場合、本からの利益は1年で約2万7千円程でしたが、
本を経由して得られたその他の追加利益というのが、
ぶっちゃけるともっと沢山あります。

それに、グラフを見る限りではもうしばらく本も売れるでしょう。

kindle市場っていうのは使い方次第で可能性は無限大!
知恵を駆使して、戦略的に作家になる道を切り開いてみてください!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

trend

ニュースネタ・キーワードの探し方-WEBサービスを利用したネタ探し方法

インターネットの普及なんて言葉は既に過去のものか…。 近年ではWEB技術も向上、結果的に様々なWE

記事を読む

sumaho (3)

【旅行先でスマホを無くした時の探し方】電池が残っているうちにネカフェからGPS検索!

結婚式関連の用事で 今月も東京にお出かけ。 マグロ入刀なんて 初めて見ましたよ(=

記事を読む

net

【田舎のネット契約「ADSLから光」への料金プラン変更解説】光コラボレーションモデルは何故安い?

遂に我が家でも光が使えるようになった! 現在NTTは「アナログ電話回線を光ケーブルにし

記事を読む

igo (13)

【初心者必見!無料ネット囲碁サイト比較】棋力の目安と使い勝手の良いオススメサービスは?

テレビゲームもいいけれど… たまには囲碁などいかがかな? こんにちは。 碁キチの元

記事を読む

dot2

2014年LINEスタンプ人気ランキング!自作スタンプで勝負・販売上位スタンプから考察する売れるデザイン!

おかげさまで運営開始から約4ヶ月が経過。 記事数はもうすぐ200記事になろうとしています。

記事を読む

blackhat

【口コミ・評判は最低】GMOとくとくBBと価格.comによるWiMAXキャッシュバックは詐欺レベル?

約2年…GMOとくとくBBによるMobile Wi-fi(WiMAX)を利用してきましたが、

記事を読む

baiduime2

【激ヤバ!中国ネット事情】検索エンジンbaiduのSEO考察!中国政府の言論規制が想像以上

※できたら普通の人にも読んでもらいたい記事です 「中国人向けにサイトを作りたい」という

記事を読む

coconala

ココナラで稼ぐには?WEB屋が利用してみた感想…手数料が高いっす…

「どんなお願いも500円」 ちょっとした挿絵が欲しい 今年の運勢を占い師の方に見

記事を読む

mailinglist

【メール一斉送信】無料と有料のメーリングリストなど4社を比較してみた!

母親が保育士をしており、園にて保護者あてに一斉メールを送りたいとのこと。 「そんなことでき

記事を読む

dot

【かわいいドット絵!】ゲーム機(本体・ソフト)関連のアイコン素材提供サイトまとめ!

ゲームを実際に作ったり ゲームサイトを運営したり そんなことをやってると…探してしま

記事を読む

GAME RANKING
HOBBY

コメントを残す

PAGE TOP ↑