【第3回電聖戦・趙治勲vsコンピュータ囲碁解説】DolBaram戦とCrazyStone戦の結末は如何に!?

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 ニュース, ボードゲーム, 囲碁, 面白ネタ , , , ,

denseisen2

コンピュータ囲碁とプロ棋士との対局。
第3回電聖戦が3月17日に開催されました。

コンピュータ将棋の分野は既にプログラムがプロを凌駕しつつあり、手合いを組むにも環境的に難しくなりつつありますが、コンピュータ囲碁はまだまだプロに余裕があることもあってゲスト棋士がウルトラ豪華!!!

  • 第一回:二十四世本因坊秀芳(石田芳夫九段)
  • 第二回:依田紀基九段

そして第三回大会のゲスト棋士は
「二十五世本因坊治勲・趙治勲」や!!!

趙治勲と書いて「ちょうちくん」と読む。囲碁ファンなら知らない人はいないレベルのレジェンド的な棋士の一人。囲碁界の7大タイトル(棋聖・十段・本因坊・碁聖・名人・王座・天元)全てを獲得したこともある最強棋士の一人です。※7大タイトル獲得記録も歴代一位

ちなみに石田芳夫九段はコンピューターの異名を持つ人気棋士の一人で現在は棋士会会長。また依田紀基九段も最強棋士の一人で「sai vs 塔矢名人」の棋譜は依田先生の棋譜が採用されてたりします。

スポンサーの力…おそるべし…

これからのコンピュータ囲碁の成長に願いを込めて、元コンピュータ囲碁開発者視点で本対局を解説してみようと思いまっせ。

SPONSORED LINK

電聖戦関係者の紹介

denseisen

左から順に六人。

  • 伊藤毅志助教
  • 二十五世本因坊治勲
  • 村松正和教授
  • Remi Coulom(レミ・クーロン)
  • 通訳のお姉さん?
  • Lim Jaebun(イム・ジーボム)

せっかくなので紹介してみるよ。

伊藤毅志先生

伊藤先生は人工知能の研究をされている電気通信大学の先生の一人。国立のほうの電通大です。囲碁よりは将棋がお得意だったような記憶があります。

純粋に強い思考ゲームAIを開発するというよりは、認知科学とゲームを題材にした「人はどのように思考しているのか?」といった方向の研究をされていたイメージがあります。※間違っていたらスイマセン

気さくで優しい。

リンク:伊藤毅志研究室

二十五世本因坊治勲

歴代最強棋士の一人。
全盛期はマジで強すぎてヤバかった。

  • 入段最年少記録(当時)
  • 7大タイトル全制覇
  • 7大タイトル獲得記録歴代一位

コンピュータ囲碁が模様の碁を好むのに対し、趙治勲先生の棋風は地に辛いコンピュータとは逆の棋風。※その為、僕は今回の対局がスゲー楽しみでした

趣味は将棋。
トークは軽快。

碁が弱くなっちゃいけないからと…
麻酔無しに手術を受けた話は有名。

髪型がぼさぼさで浮浪者っぽいですが全盛期は賞金ランキング常に一位で賞金だけで一億円を稼いでました。

リンク:趙治勲 – wikipedia

村松正和先生

伊藤先生と同じく電通大の先生。
囲碁が強くアマ高段者(七段格との噂)

メインは最適化関連の研究ですが、コンピュータ囲碁界にてモンテカルロ法が登場したことをきっかけに、コンピュータ囲碁の研究も手掛けるようになったと記憶しております。※間違ってたらスイマセン

電聖戦の予選でもあるUEC杯では、コンピュータ囲碁に精通しているプロ棋士の鄭銘瑝(テイメイコウ)九段の解説に対して、聞き手を務められたりもしていました。※鄭銘瑝九段は王銘琬九段の実弟

お茶目。

ボナンザで有名な保木さんの研究室とも学生研究室を共有しておられるそうな。※村松研の特任助教になられたのかな?

リンク:Muramatsu Lab.

Remi Coulom(CrazyStone開発者)

モンテカルロ囲碁のパイオニア。
CrazyStoneの開発者です。

CrazyStone開発当初はフランスの大学にて研究者をされていたと記憶していますが、先ほどレミのサイトを見てみるとフリーランスのプログラマになってました。

CrazyStoneはプレイアウト(モンテカルロ法によるシミュレーション)速度も速かったはず。プログラマとしてのレミの腕もかなり凄いみたいですね。

最強の囲碁という名でCrazyStone AIを詰んだ囲碁ソフトも販売されています。

ファンです。

リンク:最強の囲碁
リンク:Rémi Coulom’s Home Page

Lim Jaebun(Dolbaram開発者)

大会初参加で準優勝。
Dolbaramの開発者です。

今季のUEC杯では破れてしまいましたが加藤氏の開発するZen vs 武宮九段との対局にインスパイアされてコンピュータ囲碁の開発を始めたんだそうです。

出身は韓国。囲碁と言えば韓国はとても強いですから、韓国トッププロの棋譜なんかを学習に利用しているのでしょうか。今後の活躍が大いに期待されますな。

KGSのComputer Goルームをうろうろしてたら出あえるかも?Dolbaramの意味は「旋風」「石を願う」という意味が込められているんだそうです。

趙治勲 vs コンピュータ囲碁

chochikun

趙治勲先生はコンピュータ囲碁との対局は今回が初めてだそうです。事前にコンピュータ囲碁同士の棋譜を見た感想は「コンピュータ囲碁は一局の間に波がある」とのこと。

これはモンテカルロ法を使ったコンピュータ囲碁の特徴になりますが、優勢になると緩い手(すごく手堅い手)を打ちに行くという特徴があります。それを棋譜から感じたのでしょう。

おっ!?…これはもしや…??
先生はコンピュータ囲碁の特徴を全く知らないっぽい!?
※もしかするとココが勝機につながる?

ちなみに手合いは以下の通り

  • 4子局:Dolbaram戦
  • 3子局:CrazyStone戦

先生曰く、4子局は指導碁っぽくなるから僕はよく負ける。但し、3子局は負けたことがないとのこと。プロにとって一隅あるかないかは1子以上の差があるみたいですね。

これからは「コンピュータキラーの趙治勲でよろしくお願いします」との事。

kaisetsu

ちなみに解説は依田先生に吉原先生。
※梅沢由香里先生の方が分かるかな

今日は着物じゃなくてスーツですな。

4子局:Dolbaram戦

dolbaram

1戦目は4子局。

実は置き碁にはマナーがありまして3子局の場合は白番の上手が打ちやすいように左上隅を空けます。今回は4子局ですから最後に左上に打つのが順番的に正しい置き碁のマナー。このDolbaramの開発者さん自身も囲碁プレイヤーかなぁ~と手つきを見てて感じました。

dolbaram2

前大会にてコンピュータ囲碁との対局経験のある依田先生曰く、この時点で「白は勝てない」とのこと。コンピュータ囲碁を相手にする場合は大風呂敷を広げて攻め込ませるくらいじゃないとダメらしい。

  • 吉原先生「趙先生に教えてあげなかったんですか?」
  • 依田先生「そこまでの仲じゃない」
  • 会場「笑」

dolbaram3

46手(黒10三)まで進んだところ。

右上隅の切り違いで黒が当ての手順を間違えて白が得したものの、8四の覗きから白が団子石状態に。依田先生曰く、これは白がかなり苦しい状態とのこと。3十二に打ちこまれたら完全に終わると。

開発者のイムさんは初段ほどの腕前らしい。
尊敬している棋士は趙治勲先生らしいですよ。
※依田先生「ホントかなぁ…」

趙治勲先生も出身は韓国。日本で活躍する韓国出身のプロ棋士ということで韓国内でも趙治勲先生は知名度があるみたいですね。このあたりで趙治勲先生が頭を掻きだしたからので本気モードになったかも?

dolbaram4

71手まで進んだところ。
左下隅で白がポン抜いた場面。

まだまだ黒が優勢ですが中央黒石を攻められる可能性が出たので若干勝機が出たか?ちなみに趙治勲先生は3分くらいしか使ってません。

dolbaram5

黒13七・白9九まで進んだ101手目。

黒の切りがやや無理気味でここで白に勝機か?と思いつつも手数を数えると白がかなり短く厳しいかもしれないとのこと。

dolbaram6

でもって実際に攻め合いになったがコンピュータの読みが正確。黒が中央の白石一団を取りきった形です。白は投げ場を求めて119手目で左下を這って攻めを狙う。

dolbaram7

盤面がらりと変わりまして161手目・白15十五。
下辺黒一団を全取り狙いでしょうか。

ちなみに左下は白先黒死の状態。
白7十八で黒はおそらく死んでいるだろうとのこと。

dolbaram8

230手目。

左下がコウになるもコウ立てが足りずに黒が解消。
完全に勝負ありと言った感じですね…。

dolbaram9

最後は右下で試しの手を打つも受け切られて投了。
盤面30目程…黒が勝ってるだろうとのことです。

趙治勲先生「力碁…僕より優れたところが3箇所あった!」

めちゃくちゃ悔しそうでした。
布石で油断したかもしれないっすね。

棋譜:vs Dolbaram

3子局:CrazyStone戦

cs1

おっ!?

先ほどははこだて未来大の松原仁先生だったのに
なんと王銘琬先生になっとるじゃないですか!?

1戦目の4子とは違って3子のプロは次元が違ってくるぞ。
CrazyStoneがどこまで食い付けるか。

cs2

2局目は趙治勲の星からスタート。

黒のかかりに対して2間高ハサミからの定石っぽい流れになるかと思いきや、黒がやりすぎて白にとがめられ、左上で黒がやや損。CrazyStoneは自分で定石を考えて打てちゃうようなプログラムだけに定石データベース的なものは導入してなかったのかもしれませんね。

少し白が得した形で黒が右に三連星を構えたところです。

cs3

36手目。2線の下跳ねに対して黒が伸びた形。
黒はまたポン抜いてなくて気持ち悪い感じですね。

この時点で依田先生曰く「白の勝ちだな」とのこと。
僕が見ても黒がぬるい感じがしますねコレは。

この時点で2子くらいの状態。
白が90%で勝つだろうとのこと。

cs4

51手目。黒が曲がりを打たなかったので白が押し上げたところ。
ただ、先に黒が下辺真ん中の大場を打ったことで少しやりにくいかも。

しちょうはまだ抜かず。
うーん。気持ち悪いかも。

cs5

58手目・黒7十七を打ったところ。
左下隅がアリエナイ形で取られてます。

黒…ヌルイぞ…

地をしっかりとってから荒らしていく。
趙治勲が好きそうな盤面。

cs6

87手目・白が5十六の当たりを打ったところ。

右下に左側から白がかかり…
何故かこんな進行に…

黒がかなりボロボロ。
依田先生曰く、黒を持って勝つ自信がないと…。

プロ的にみれば既に白有利の盤面みたいですね。
右下も33残ってるし黒キツイねコレ。

cs7

137手目・白が右下に飛びこんだところ。
黒は無理やり左中央当たりに地を作ろうとしてボロボロ。

モンテカルロが少ない勝率の中で必死にポカ手を誘う時の打ち方をしてますね。こうなったらプロ相手には200%勝てない。負け始めるとモンテカルロは手がぐちゃぐちゃになるから見るに堪えない感じですがコレも仕様。最後まで見届けよう。

cs8

最後は白が18十に飛びこんだところで黒が投了。
う~ん。CrazyStoneにいいとこ無しだったのは残念。

…といってもあの趙治勲と3子だからなぁ。

ダメ元でチャレンジ的な感じではあるが
定石ボロボロだったのが少し切ないねぇ。

余裕がある状態だと緩く打つモンテカルロの癖が最初っから出ちゃった感じかもしれません。残念!

棋譜:vs CrazyStone

まとめ

こういうちょっと色物の試合は見てて楽しい。

今回の3子はキツカッタですが、レミさんのCrazyStoneのベースに、僕もコンピュータ囲碁の研究をしてたこともあって、やっぱりもっと活躍が見たいですね。

コンピュータ囲碁はモンテカルロ法の導入によって一気に強くなりましたが、最近は少し棋力の伸びが緩やかになっているんだそうです。ですがこれからも頑張って欲しいですね。

あと吉原由香里が41歳という驚愕の事実。
美人すぎやで(^ω^*)ふぁー

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ebay

【パスワード変更推奨】eBayがサイバー攻撃被害!電子マネーPayPalにも影響!?パスワード流出で1億人以上に影響!

  画像:Google検索 世界中で展開している大規模オークションサイ

記事を読む

モノポリー

モノポリーのルール・戦略!-大会経験者が教えるモノポリー教室!

去年末、大学の先輩の結婚式に参加してきました。 同じ部活の先輩です。 遡ること数年前

記事を読む

ebay-01

【eBayとは?】米国政府とeBay創設者がウクライナのクーデター側に資金提供したとの噂

今、世界を震撼させているウクライナのクーデター。 ウクライナと言えばオシャレヘアーの元

記事を読む

olympic

【五輪エンブレムを取り下げるべき5つの理由】パクリ大炎上「佐野研二郎」デザイン業界は利権まみれ?

五輪エンブレムデザインのパクリ疑惑が浮上。 疑惑はデザイナーの佐野研二郎に向けられ、こ

記事を読む

kagawa-aruaru

【何か変だよ香川県の県民性「うどん県あるある10選」】観光前に予習しときまい

香川県の本屋さんといえば宮脇書店。 ふら~っと立ち寄ったところ「香川あるある」という本

記事を読む

一平ちゃん

明星一平ちゃんがチョコソース味やショートケーキ味という意味不明な新作を出す理由の妙な説得力

明星食品が人気のカップやきそば一平ちゃんシリーズに相次いで投入した2つの新作が世間をざわつか

記事を読む

saiban

【特許でトラブル・ゲーム業界】僕が業界にいたときの小話…カプコンがコーエーテクモを訴えたらしいけど

日本のゲーム業界大手のカプコンが… これまた大手のコーエーテクモに対して… 「ソフトの製

記事を読む

宇宙飛行士

NASAが宇宙飛行士の募集を開始!応募条件は年齢性別不問ですってよ

子供の頃、大きくなったら宇宙飛行士になる!なんてなことを言っていた方に朗報です。NASAが新

記事を読む

nintendo

【任天堂の退職(内部告発)記事炎上を見て思う事】ゲームプログラマー時代を思い出しつつ…

ご存知の方も多いと思いますが、現在、任天堂の内部告発っぽい記事が「シェア・炎上」しています。

記事を読む

vividred

【2013年度クソゲーオブザイヤー大賞】ビビッドレッドオペレーションが酷すぎワロタ…

さぁ今年もやってまいりました・・・ その年一番のクソゲーを決める会議。 僕の2013

記事を読む

GAME RANKING
HOBBY

コメントを残す

PAGE TOP ↑